もとす糸貫産 富有柿


   
【2016年産もとす・糸貫富有柿】

今シーズンの販売は終了しました。
たくさんのご注文ありがとうございました。
 
今年も富有柿のシーズンとなり
 産地から生育状況の便りが届きました。

       

今年の夏は降水量が少なかったことから、富有柿の

生育の遅れが心配されていましたが、その後は適度な降水と

好天に恵まれ、ほぼ平年並みの作柄となりそうです。

とても品質の良い富有柿をお届け出来る見込みです。



岐阜県本巣市 糸貫産 特選 富有柿

糸貫富有柿


本巣 糸貫 富有柿


 JAぎふ糸貫選果場共選品
  2Lサイズ   秀 品
 1段化粧箱   12個入
 2段化粧箱   24個入
 3段産地詰箱 36個入


  3Lサイズ   秀 品
 1段化粧箱   10個入
 2段化粧箱   20個入
 3段産地詰箱 30個入

富有柿の価格等はお気軽にお問い合わせ下さい。

お支払い方法は
お振り込み
1)ゆうちょ銀行
2)三菱東京UFJ銀行
3)楽天銀行
4)ジャパンネット銀行
の他に代引き(ヤマト運輸 宅急便コレクト)
もご利用いただけます。

  発送は格安運賃で承ります。(ヤマト運輸)
    発送先 宅急便運賃
 関東・信越・中部・北陸・関西 656円
 南東北・中国 764円
 北東北・四国・九州 872円
 北海道   100サイズまでの料金 1512円
  (北海道以外は梱包時120サイズまでの料金表です)




1)早生富有柿 (販売期間 10月下旬〜11月上旬)
 販売期間が終了しました。

2)特選富有柿 (販売期間 11月上旬〜12月上旬)
 販売期間が終了しました。

3)冷蔵富有柿 (販売期間 12月中旬〜12月下旬)
  販売期間が終了しました。
 


『冷蔵富有柿』
(ポリ袋個包装済み)
 2Lサイズ
  3段36個入り

冷蔵富有柿(ポリ袋個包装済み)
御歳暮用、お正月用に
 毎年たくさんのご注文を
  いただいております

『冷蔵富有柿』
11月下旬〜12月上旬にかけて収穫した富有柿の鮮度を
そのままに保ち、12月〜お正月に美味しく味わうことができる様
ポリ袋で一個ずつ個包装してあります。
直ぐにお召し上がりにならない場合は適温(5℃〜8℃位)で
保存して、柔らかくなった柿から順番にお召し上がり下さい。
冷やし過ぎると凍みてしまう場合がありますので、野菜室での
保存をおすすめします。





【丸糸柿について】
丸糸柿について
     ↑ ClickしてPDF表示




【本巣糸貫 富有柿の里】

本巣市糸貫にある【富有柿の里】をご紹介します。
ここには富有柿センター、船来山遊歩道、ふれあい広場
古墳と柿の館、バーベキューハウス、ふれあいセンター
などの施設の他に広い柿展示園があり、80種類ほどの
柿の木が栽培されていて、富有柿や次郎柿など市場に
出回っている品種ばかりでなく、中国・韓国・アメリカなど
の珍しい柿の木も見ることが出来ます。



 【富有柿センター】
旧糸貫町の歴史や文化、農業
のあらまし、柿作りについての
資料が展示されています。



 【富有柿の古木】
人間でいえば200歳にも相当する古木だそうです。



 【富有柿】
原産は岐阜県瑞穂市居倉
果肉はやわらかく果汁も多く
甘みが強いのが特徴。
11月上旬頃から出回ります。
完全甘柿の代表品種



 【松本早生富有】
富有より2週間ほど早く10月中旬
頃から出荷されます。
富有と似て甘みが多く果肉は
やわらかめです。



 【太 秋】
大きなものでは400g以上にも
なり果皮に黒い条紋(横筋)が
入っている物は見栄えは悪いもの
の糖度が高いといわれます。



 【新 秋】
早生品種の柿では糖度が
最も高い。
樹上完熟させると
とてもおいしいそうです。



 【次郎柿】
静岡原産の完全甘柿で
種は少なく四角い形が特徴です。



 【平核無柿】
新潟原産で別名「八珍柿」
とも呼ばれる種のない渋柿
で渋を抜いて生食のほか
干柿にも加工されます。



 【刀根早生】
奈良県の刀根淑民氏の農園で
平核無柿の枝変わりが発見され
刀根早生と名付けられました。



 【甲州百目】
別名が多く蜂屋柿、江戸柿、富士柿
とも呼ばれ干柿の原料用等に各地で
生産されている不完全渋柿です。
渋抜き処理をした熟柿(じゅくし)にして
食べても美味しいですね。山梨原産



 【大和百目】
上の甲州百目と共に
12月中旬頃、当店にも
入荷する『甲州枯露柿』の
原料になるとても
大きな不完全渋柿です。



 【三社柿】
12月になると
入荷する『富山干柿』
の原料になる大きな
完全渋柿です。
富山原産



 【黒 柿】
光沢のある黒い果実の
不完全甘柿で果実は1個100g位
の大きさです。鑑賞柿としても
珍重されています。



 【伽 羅】
九州北部原産の不完全甘柿で
黒褐色の果肉が仏像などを彫る
伽羅と呼ばれる高価な木材の
木目に似ているところから
付けられた名前の様です。



 【愛宕柿】
愛媛県原産の完全渋柿で
果形は釣り鐘状、色はあまり
紅くならず黄色をしている
のが特徴です。



 【鶴の子】
完全渋柿の中でも渋味の
もとであるタンニンの含有量が多く
青い未熟果は「柿渋」の原料
に利用されています。



 【赤壇子】
晩熟で果実はやや小さく長形
果皮は橙色で鮮やか。
干柿用として品質良好。



 【青壇子】
別名 田村 完全渋柿で
「半乾燥干柿」に適している。
「柿渋」の原料にも使われています。





 【富有柿のおいたち】

柿は陶工 柿右衛門(1596〜1666)の時代にもあったように
古来から我が国特有の果実ですが、その頃の柿はすべて渋柿で
現在の富有柿に代表される甘柿の出現は明治になってからのことです。
古くから岐阜県の本巣地方では各地で柿が栽培され
その中に“居倉御所”とか“ゴネリ御所”“水御所”と呼ばれる
甘柿の優れた品種があり、大野郡川崎村(現瑞穂市居倉)の福島才治と
いう人が明治25年の柿博覧会に出品しようとしたが、俗称でなく
立派な名前を付けようとし中国の古典「礼記」の中の文句“富有”を
『素質が備わっているものには自然に全国に広まるような
天の助けがある』と解釈して“富有柿”と名付けました。

以来、毎年品質の改善に努力し今日の富有柿の栽培技術が
確立されました。
富有柿の特長は、柿右衛門が魅せられ精魂こめて出現に没頭した独特の
柿色とふる里への郷愁をさそう甘い味です。

この記事は糸貫富有柿センター発行の『糸貫町と柿の歴史探訪』
から抜粋・引用しました。





 【富有柿の効用】


柿には、ぶどう糖や果糖、有機酸、可溶性ペクチン、可溶性タンニン
ビタミンA、B1、B2、アスコルビン酸(ビタミンC)等が
含まれています。

それらの効用として
☆二日酔い防止によい
昔から柿を食べると二日酔いの防止になると言われています。
これは成分中のタンニンやペクチンが胃腸からのアルコールの
吸収をおさえカラターゼやパーオキシターゼにはアルコール酸化
を助ける効果があるからです。
また、カリウムが多く含まれているので利尿作用があり酔い覚まし
によく、ビタミンCは急性アルコール中毒の副腎機能低下の防止に
役立ちます。

☆高血圧予防によい
フラボノイドの1種であるルチンは毛細血管の老化を防ぎ、高血圧の
予防に使われていますが、このルチンと柿タンニンの構造式が類似
しておりルチン同様の効果がみられる可能性が示唆されています。

柿はその実以外にも、外果皮、へた、花、渋、樹皮、根など
多様な部分が古くから薬用として使われています。

この記事は糸貫富有柿センター発行の『もっと知ろう柿の話』
から抜粋・引用しました。


柿の木 【柿畑の一年】



12〜3月 ≪休眠期≫
間伐を定期的に実施する。剪定は間引きを主体にする。
土壌改良…有機肥料。粗皮削り

4月下旬 ≪新葉展開期≫
受粉樹を4月上・中旬に接木する。晩霜対策

5月中旬 ≪新梢伸長期・開花期≫
摘蕾は新梢1枝1果とする。受粉をうながすため蜜蜂を導入する。

6月上旬 ≪新梢伸長停止期≫
おくれ花の摘除、間伐樹の環状剥離を6月上旬に実施する。

6月下旬 ≪新梢伸長停止期≫
不要な徒長枝・直上枝を切除する。晴天が続いたら適宣かん水する。

7月中旬 ≪花芽分化期≫
7月上旬から見直し摘果(奇形果・病害虫被害果・日焼果)

8月 ≪花芽分化期≫
台風対策をたて、枝の折損、擦り傷の防止に支柱等で補強する。

9〜10月 ≪果実肥大期≫
9月下旬〜10月上旬
草生栽培の種子まき、早生種の収穫・出荷

11月≪収穫期≫
富有柿の収穫・出荷






Copyright (c)    みやた果実店 All Rights Reserved.

岐阜県本巣市糸貫産 特選 富有柿

今年の富有柿 2016